アイシングループ

健保組合について

アイシン健保組合に加入する家族

一定の条件を満たした家族もアイシン健保に加入することができます

本人(被保険者)に扶養されている家族は、一定の条件を満たせばアイシン健保に「被扶養者(ひふようしゃ)」として加入することができます。退職、結婚、出産、死亡などで被扶養者の増減があった場合は、5日以内に必要書類を事業主(会社)を通じてアイシン健保へ提出してください。

こんなときはこんな手続きを
●家族を被扶養者に申請するとき

一定の条件を満たしている場合、加入することができます。
条件はこちらから確認してください。 家族が加入できる基本条件

出産したときは、補助などが受けられます。

申請する理由(内容)と対象者によって下記の必要な書類を添付します。
下記書類以外に証明書類の提出を依頼する場合があります。

扶養申請者 添付書類
配偶者 退職した人
無職の人 または
失業給付の受給を終了した人 +雇用保険受給資格者証(全ページ両面コピー)
上記以外で現在何らかの収入のある人
子ども 出生
18歳未満の子
他健保に所属していない18歳以上の子 同居 学生
無職 または
退職
別居 学生
無職 または
退職
父・母 同居
(世帯を分けている場合はも添付)
別居
義父母 同居(同一世帯)に限る
兄・姉
弟・妹
18歳未満 (別居ならば も添付)
他健保に所属していない18歳以上 同居 学生
無職 または
退職
別居 学生
無職 または
退職
【必要書類】
  • 健康保険被扶養者(異動)届 [ 記入例 PDFファイル ]

※事業所においてあります。

※事業所においてあります。

退職証明書(退職日の記載されている源泉徴収票でも可)
※全アイシン、アイシン健保に加入している事業所を退社の場合は不要
被保険者世帯全員の住民票(続柄記載・マイナンバー記載なし)
無職・無収入の証明 または 収入(0円)証明書 または 非課税証明書
学生証のコピー または 在学証明書
申請者世帯全員の住民票(続柄記載・マイナンバー記載なし)
※同居しているが世帯主が違う場合については『同居に関する証明書』を添付(義父母の場合は使用不可)
直近3ヵ月分の仕送りを証明する預金通帳(写)
※手渡しは認められません
認定対象者の収入金額を証明するもの
(受給しているすべての公的年金※、個人年金の通知書・所得証明書・給与明細書直近3ヵ月分 等)
※障害年金も含む
世帯の収入を証明するもの
(同世帯に属する18歳以上のもの全員・別居の場合は本人世帯と申請者世帯の両方分必要)

5日以内に事業主(会社)を通じてアイシン健保に提出してください。

【注意点】上記必要書類以外にも、健康保険組合が必要とする書類の提出を求める場合があります。

●家族を被扶養者から外すとき

亡くなったときは、補助などが受けられます。 亡くなったとき

被扶養者(異動)届に必要事項を記入します。
※その他の書類が必要になる場合もあります。
【必要書類】

  • 健康保険被扶養者(異動)届 [ 記入例 PDFファイル ]

※複写式のため各事業所からお取り寄せください。

被扶養者(異動)届に健康保険被保険者証を添えて、被扶養者資格がなくなった日から5日以内に、事業主(会社)を通じてアイシン健保に提出してください。

●健康保険に二重加入していた場合の取り扱い

 アイシン健保の被扶養者として加入したまま、就職先でも健康保険に加入していたことが判明した場合、就職日で被扶養者から削除します。
 再度、アイシン健保に被扶養者として加入する場合は、必要な書類をそろえて申請してください。認定日は、アイシン健保で書類を受け付けた日になります。(遡って認定はしません。)
 就職~アイシン健保に再度加入するまでの期間に医療機関を受診していた場合は、医療費を請求します。

本人(被保険者)に扶養されている家族は、保険料を負担せずに「被扶養者」として健保組合に加入でき、健康保険の医療費などの支給を受けたり、病気の予防・健康づくりを支援する事業を活用できます。ただし、被扶養者と認められるには条件があります。なお、被扶養者と認められても、定期的に条件を満たしているか調査しています。

家族が加入できる基本条件
1. 申請する方は、第三親等の範囲内にいる家族ですか?

本人(被保険者)、配偶者、配偶者の父母、祖父母、曾祖父母、伯父伯母、叔父叔母、兄弟姉妹、子ども、孫、曾孫までの方です。

2. 次の基準を満たしていますか?
  • 主に本人(被保険者)の収入で生活していること。(別居の場合は、仕送りが必要です。)
  • 本人(被保険者)と同居していること。
    ★印の人は、その配偶者も被扶養者になれます。
    の人は、本人と同居していなくても加入できる場合があります。
  • 年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満であること。
    1ヶ月108,000円(60歳以上または障害者は150,000円)未満であること。
    1日あたりの日額3,611円(60歳以上または障害者は5,000円)未満であること。
    自営業者の場合は、所得※が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満であること。
    収入についての詳細はこちら(機関紙No.107の6P目に掲載)
     ※アイシン健保での所得とは
     所得=所得金額+人件費(給料賃金・福利厚生費)+減価償却費+青色(白色)申告特別控除額
  • 本人(被保険者)の年収の2分の1未満であること。
  • 75歳未満(後期高齢者医療制度の適用対象外)であること。

基準を満たしていると、アイシン健保に加入できる場合があります。提出書類と詳しい被扶養者認定基準を照らし合わせ、条件を満たしていると認定してはじめて被扶養者になれます。

また、結婚、出産、死亡などで被扶養者の増減があった場合は、5日以内に「被扶養者(異動)届」をアイシン健保へ提出してください。

※所得税法の改正によって、平成30年分の所得から配偶者控除額が年収150万円まで引き上げられましたが、被扶養者の収入基準は年収130万円未満のままです。年収が130万円以上になると被扶養者基準を満たさなくなりますのでご注意ください。

※所得税法上の扶養とは異なりますのでご注意ください。詳しくは会社の人事部にお問い合わせください。

上に戻る