アイシングループ

健保組合について

被扶養者になれる方、なれない方

国民健康保険に入っている父母を被扶養者にできますか?
扶養の実態や被扶養者になる人の年収などから総合的に判断されます。

単に給付内容がよいからという理由で、家族を被扶養者にすることはできません。被扶養者にするためには、本人(被保険者)によって実際に扶養されているなどの条件を満たす必要があります。

扶養していることを証明できる書類とはどんなものですか?
在学証明書や所得証明書があたります。

たとえば、学生については「在学証明書」などで証明できます。それ以外の人なら市区町村長発行の「所得証明書」がこれにあたります。

別居している義父母を被扶養者にできますか?
同居していないので、被扶養者にはできません。

配偶者の父母を被扶養者とするには、主として本人(被保険者)で生計を維持していることと、同居していることが条件になります。したがって、別居している場合は被扶養者にすることができません。

別居していても被扶養者に申請できるのは、

  • 配偶者
  • 子供・孫
  • 父母
  • 祖父母
  • 弟妹

に限ります。

※ただし、仕送りなどの確認をします。

75歳以上の父母を被扶養者にできますか?
75歳以上の高齢者はすべて後期高齢者医療制度に加入するので、被扶養者にはできません。

75歳以上の高齢者はすべて、加入している医療保険を抜け、改めて後期高齢者医療制度に加入し直します。収入など被扶養者の基準を満たしていても、被扶養者にすることはできません。

また、本人(被保険者)が75歳になったとき、本人(被保険者)は健保組合の加入資格を失います。そのため被扶養者が75歳未満であっても健保組合の加入資格を失うことになり、ほかの医療保険に加入しなければなりません。

後期高齢者医療制度については、お住まいの地区の後期高齢者医療広域連合までお問い合わせください。