アイシングループ

給付を受けるとき

自動車事故にあったとき

まずは冷静に、警察への通報を
その後、速やかに第三者行為による傷害届を提出

交通事故の被害者になったとき、病気やケガの治療などは健康保険で受けられます。しかし、その医療費は原則として加害者が支払うべきものですから、健保組合からの医療費などの支給は一時たてかえに過ぎず、後日、健保組合から加害者または自動車損害賠償責任保険の自動車保険会社などに請求することになっています。

※70歳以上75歳未満で特例措置により自己負担割合が1割負担になっている方も、第三者行為が原因の傷病については2割負担となります。

任意保険に加入している場合、「第三者行為による傷病届」等の届出書類の作成・提出について、損害保険会社からサポートを受けられる場合があります。くわしくは契約している損害保険会社にお問い合わせください。

こんなときはこんな手続きを
交通事故にあったとき(相手のある交通事故)
交通事故の被害者になり、病気やケガの治療に健康保険を使うときには、ただちに下記の書類を健保組合へ提出し、届け出てください。
【必要書類】

「交通事故証明書」を添えて健保組合に提出してください。
【必要書類】

  • 交通事故証明書(自動車安全センター発行)

事故の内容によって、提出書類などが異なります。ご確認のうえ提出してください。
詳しくはこちら  交通事故や他人の行為によってケガをしたときの手続き

交通事故を起こしたとき(単独、または過失100%の交通事故)
交通事故を自ら起こし、病気やケガの治療に健康保険を使うときには、ただちに「自損行為による事故状況報告書」、「念書」を健保組合へ提出し、届け出てください。
※扶養家族の事故の場合は「自損行為による事故状況報告書」のみ提出。
【必要書類】

なお、無免許や酒酔い運転、法定速度または指定速度を30km/h以上オーバーしての運転などでの事故による場合には、健康保険からの支給は受けられません。また、わき見運転や居眠り運転などでの事故による場合には、健康保険からの支給は一部制限される場合があります。また、通勤途中の事故のケガの場合は労災保険になるので、事業主(会社)へ連絡してください。
詳しくはこちら 給付が受けられるとき

交通事故にあったらこのように
1.できるだけ冷静に 事故が起きたときは、ショックで判断力を失うことがあります。できるだけ冷静に対処してください。
2.加害者を確認 加害者の住所・氏名・年齢・勤務先・電話番号・自動車の種別・登録番号・自動車所有者の住所氏名・契約保険会社名・保険加入番号など。
3.警察へ連絡 どんな小さな事故でも、必ず警察に連絡しましょう。そして、自動車安全運転センター事務所で「交通事故証明書」の交付を受けます。
4.アイシン健保へ届ける 健康保険を使うときはただちに「第三者の行為による傷害届(だいさんしゃのこういによるしょうがいとどけ)」などをアイシン健保へ提出し、事後手続きなど相談してください。
5.示談は慎重に 自動車事故には後遺障害の危険があります。また、示談によって損害賠償を受けると、その範囲内で健康保険からの支給を受けられなくなります。示談の前に必ずアイシン健保へ連絡してください。
給付額

一時的に健康保険でたてかえますが、後日、加害者、または自動車損害賠償責任保険の事業機関などに治療費を請求します。

事故の際の給付について

自動車損害賠償責任保険

自動車で他人を傷つけたときは、法律によって自動車の保有者が賠償する責任を負うため、自動車の保有者はすべて強制的に「自動車損害賠償責任保険」に加入することになっています。

責任保険の保険金限度額

実際の損害が保険金限度額を上回ったとき、加害者は超過分を負担しなければなりません。

自動車損害賠償責任保険
死亡した者(1人につき) 傷害を受けた者(1人につき)
死亡による損害につき  3,000万円
死亡までの損害につき  120万円
傷害による損害につき  120万円
後遺障害による損害につき、障害等級に応じ  75万円~4,000万円

上に戻る