アイシングループ

給付を受けるとき

出産したとき 直接支払制度

出産育児一時金を直接医療機関などへ支払います

直接支払制度(ちょくせつしはらいせいど)とは、出産育児一時金の額を上限として、健保組合から支払機関を通じて、医療機関などへ出産費用を直接支払う制度です。

こんなときはこんな手続きを
直接支払制度を利用するとき

直接支払制度を利用した場合は、アイシン健保へ出産育児一時金の申請は必要ありません。

医療機関での支払い額が出産育児一時金よりも少なかった場合は、差額分を支給いたします(申請は不要です)。

直接支払制度を利用するとき

直接支払制度を利用しない(できない)とき
  • 直接支払制度を導入していない医療機関などで出産したとき
  • 直接支払制度を利用しないとき
出産費用全額を医療機関などに支払う必要があります。
「出産育児一時金」は後日、アイシン健保に申請して支給を受けます。
「出産育児一時金請求書」に必要事項を記入し、医師、助産師または市区町村長に出産したことの証明を受けます。
【必要書類】

医療機関などから交付される「合意文書(写)」「出産費用の領収・明細書(写)」を添付して提出。
【必要書類】

  • 医療機関などから交付される「合意文書」の写し
  • 「出産費用の領収・明細書」の写し
直接支払制度を利用する場合

直接支払制度を利用する場合