アイシングループ

給付を受けるとき

たてかえ払いをするとき

保険証を持たずに受診したときなどは、たてかえ払いをし、後で請求します

旅先で急病になったりした場合など、保険証を持たずに医師にかかったときは、とりあえず医療費全額を自分で支払い、あとでアイシン健保に申請して払い戻しを受けます。

こんなときはこんな手続きを
「療養費支給申請書(保険証不携帯による自費診療、資格喪失後の返納金)」に必要事項を記入します。
【必要書類】

医療機関などから交付される「明細付領収書」を「療養費支給申請書」に添えて、アイシン健保に提出します。
※その他の書類が必要になる場合もあります。
【必要書類】

  • 明細付領収書
    医療機関などに発行してもらいます。

※保険指定医以外の医療機関にかかった場合も同じ手続きになります。

「海外療養費支給申請書(医科)」または「海外療養費支給申請書(歯科)」に必要事項を記入します。
【必要書類】

医師の医療内容が明記された「診療内容明細書」と「明細付領収書」に、日本語翻訳、パスポートなど海外渡航の事実を確認できる書類、海外の医療機関に照会を行なうことの同意書を「海外療養費支給申請書」に添えて、事業主(会社)を通じてアイシン健保に提出します。
【必要書類】

  • 診療内容明細書
  • 明細付領収書
    医療機関などに発行してもらいます。

給付額は、国内の算定基準で算出した金額と本人が負担した金額を比較し、金額の低い方を支給します。その際、すべて円換算し、日本円で支給します。

「療養費支給申請書(保険証不携帯による自費診療、資格喪失後の返納金)」に必要事項を記入します。
【必要書類】

医療機関などから交付される「明細付領収書」と「輸血証明書」を「療養費支給申請書」に添えて、アイシン健保に提出します。
※その他の書類が必要になる場合もあります。
【必要書類】

  • 明細付領収書
  • 輸血証明書 
    医療機関などに発行してもらいます。
「療養費支給申請書(コルセット、ギプス・治療用眼鏡などの装着)」に「装具作製確認書」に必要事項を記入し、「治療用装具の写真について」を参考に写真3~4枚をプリントして「装具作製確認書」の枠内に貼付けて提出してください。
【必要書類】

医療機関などから交付される「明細付領収書」と「保険医の証明書」を「療養費支給申請書」に添えて、アイシン健保に提出します。
※その他の書類が必要になる場合もあります。
【必要書類】

  • 明細付領収書
  • 保険医の証明書
    医療機関などに発行してもらいます。
  • 写真3~4枚
「療養費支給申請書(保険証不携帯による自費診療、資格喪失後の返約金)」に必要事項を記入します。
【必要書類】

医療機関などから交付される「明細付領収書」と「保険医の同意書」を「療養費支給申請書」に添えて、アイシン健保に提出します。
※その他の書類が必要になる場合もあります。
【必要書類】

  • 明細付領収書
  • 保険医の同意書
    医療機関などに発行してもらいます。
「療養費支給申請書(コルセット、ギプス・治療用眼鏡などの装着)」に必要事項を記入します。
【必要書類】

医療機関などから交付される「領収書」と「保険医の眼鏡処方箋作成指示書」を「療養費支給申請書」に添えて、アイシン健保に提出します。
※その他の書類が必要になる場合もあります。
【必要書類】

  • 領収書
  • 保険医の眼鏡処方箋作成指示書
    医療機関などに発行してもらいます。
「療養費支給申請書」に必要事項を記入します。
【必要書類】

医療機関などから交付される「領収書」と「保険医の装着指示書」を「療養費支給申請書」に添えて、アイシン健保に提出します。
※その他の書類が必要になる場合もあります。
【必要書類】

  • 領収書
  • 保険医の装着指示書
    医療機関などに発行してもらいます。
「療養費支給申請書(コルセット、ギプス・治療用眼鏡などの装着)」に必要事項を記入します。
【必要書類】

医療機関などから交付される「領収書」と「保険医の作成指示書等の写し(備考として疾病名が記載された処方箋の写し等支給対象となる疾病のため指示したことが確認できるもの)」を「療養費支給申請書」に添えて、アイシン健保に提出します。
※その他の書類が必要になる場合もあります。
【必要書類】

  • 領収書
  • 保険医の作成指示書等の写し(備考として疾病名が記載された処方箋の写し等支給対象となる疾病のため指示したことが確認できるもの)
    医療機関などに発行してもらいます。

上に戻る

旅先で急病になったりした場合など、保険証を持たずに医師にかかったときは、とりあえず医療費全額を自分で支払い、あとで健保組合に申請して払い戻しを受けることになります。このような給付を「(家族)療養費(りょうようひ)」といいます。

給付額
やむを得ず保険医以外の医療機関にかかったとき 健康保険の療養の給付の範囲内で査定された額の7割(小学校入学前の子ども8割)
保険証を提出できなかったとき
海外で治療を受けたとき
(日本国内の保険診療として認められた治療のみ)
日本国内で健康保険で治療を受けた場合を基準に支給
詳しくはこちら 海外で治療を受けたときの支給額
輸血(生血)の血液代 輸血(生血)を受けるときの血液代としての基準料金の7割(小学校入学前の子ども8割)
コルセット・ギプス・義眼代 基準料金の7割(小学校入学前の子ども8割)
はり・きゅう・マッサージ代
9歳未満の小児の弱視、斜視、先天白内障術後の屈折矯正の治療用眼鏡・コンタクトレンズ代 作成または購入した費用の上限の範囲内の7割
(小学校入学前の子ども8割)

上限額
眼鏡 38,461円
コンタクトレンズ(1枚)16,139円

更新条件

  • 5歳未満…1年以上
  • 5歳以上…2年以上
四肢リンパ浮腫治療のための弾性着衣等代 購入した費用の上限の範囲内の7割
(小学校入学前の子ども8割)

上限額
弾性ストッキング(1着につき)29,344円
弾性ストッキング(片足用、1着につき)26,200円
弾性スリーブ(1着につき)16,768円
弾性グローブ(1着につき)15,720円

スティーヴンス・ジョンソン症候群および中毒性表皮壊死症の眼後遺症による、輪部支持型角膜形状異常眼用コンタクトレンズの費用 作成、または購入した費用の上限の範囲内の7割
(小学校入学前の子ども8割)

上限額
コンタクトレンズ(1枚)158,000円
更新条件
前回の購入から5年以上が経過していること

はり・きゅう・マッサージにかかるときの注意

整骨院、接骨院で保険証が使える場合は限られています。ご確認のうえ、正しくご利用ください。
詳しくはこちら 柔道整復師のかかりかた

上に戻る