アイシングループ

給付を受けるとき

医療費が高額になったとき

自己負担が高額になったときは、所得に応じた一定額を超えた額を支給します

特殊な病気にかかったり、長期間入院したときなど、自己負担が高額になった場合の負担を軽くするために、自己負担が1ヵ月の所得に応じた一定額を超えた場合には、その超えた分があとから「(家族)高額療養費(こうがくりょうようひ)」として支給されます。

こんなときはこんな手続きを

特別な手続きはありません。

自己負担が高額になったとき
●支給条件
各診療月ごとに 月の1日から末日までを1ヵ月とします。
1人ごとに 本人(被保険者)・家族(被扶養者)を別に、さらに家族1人ずつ別にします。
病院ごとに 病院、薬局ごとに計算しますが、外来・入院、医科・歯科は各科を別に計算します。
標準報酬月額
83万円以上
252,600円+(医療費-842,000円)×1%を超えた額
標準報酬月額
53万~79万円
167,400円+(医療費-558,000円)×1%を超えた額
標準報酬月額
28万~50万円
80,100円+(医療費-267,000円)×1%を超えた額
標準報酬月額
26万円以下
57,600円を超えた額
低所得者
市町村民税
非課税世帯
35,400円を超えた額
  • ※所得に応じて自己負担額に限度が設けられています
  • ※70歳以上の方はこちら 節目節目で変わる医療保険
  • ※総医療費とは、総医療費=自己負担分+健保負担分

さらに負担が軽減されるときや、利用できる制度があります。

同一世帯で医療費が高額になったときや、特定の疾患の場合、さらに負担が軽減されます
●支給条件
標準報酬月額
83万円以上
標準報酬月額
53万~79万円
標準報酬月額
28万~50万円
標準報酬月額
26万円以下
低所得者
市町村民税
非課税世帯
同一世帯※で、1ヵ月の自己負担額が21,000円以上のものが2件以上ある場合(世帯合算) 252,600円+
(医療費-842,000円)×1%を超えた額
167,400円+
(医療費-558,000円)×1%を超えた額
80,100円+
(医療費-267,000円)×1%を超えた額
57,600円を超えた額 35,400円を超えた額
同一世帯※で高額療養費の支払いが1年間で4ヵ月以上になった場合、4ヵ月目以降(多数該当) 140,100円を超えた額 93,000円を超えた額 44,400円を超えた額 24,600円を超えた額
  • ※本人(被保険者)と、健保組合が家族(被扶養者)と認めた人たちのことを指します
アイシン健保独自の付加給付があります
合算高額療養費付加金 1世帯の負担額から診療を受けた月ごと、1人ずつ、病院ごとの医療費が20,000円(1,000円未満切り捨て)を超えた場合、その超えた額を支給