アイシングループ

給付を受けるとき

受けられる給付一覧

病気やケガなど、いろいろな場面で健康保険から補助が受けられます

日々の生活で困ることや突然起きた想定外の事態など、いろいろな場面で健康保険から補助が受けられます。

病気やケガをして病院などにかかったとき

医療費の一部負担(自己負担額)で、必要な医療を受けることができます。

また、負担額が高額になった場合、一定額までを負担すればよい、アイシン健保独自の付加給付もあります。

自動払い
(手続き不要)
詳しい制度
健康保険対象外の療養を併用したとき

健康保険の対象となる部分は医療費の一部負担(自己負担額)で受けられますが、健康保険の対象外の部分は、全額自己負担になります。また、アイシン健保独自の付加給付もあります。

自動払い
(手続き不要)
詳しい制度
保険証をもっていなかったり、一時的にたてかえたとき

一度医療費を全額支払った後で、健保組合に請求すると、一定基準の給付が受けられます。また、アイシン健保独自の付加給付もあります。

申請が必要
(手続き方法)
詳しい制度
自己負担額が高額になったとき

1ヵ月、1人ずつ、病院ごとの自己負担額が所得に応じた一定額を超えたとき、その超えた分の給付が受けられます。また、アイシン健保独自の付加給付もあります。

基本的に自動払い
(手続き方法)
詳しい制度
自宅で訪問看護を受けたとき

医療費の一部負担(自己負担額)で、必要な医療を受けることができます。また、アイシン健保独自の付加給付もあります。

自動払い
(手続き不要)
詳しい制度
入院したとき

1日3食分まで、一定額を超えた額の給付が受けられます。

自動払い
(手続き不要)
詳しい制度
65歳以上で入院したとき

1日3食分まで、一定額を超えた額の給付が受けられます。65歳以上の方は、居住費も自己負担します。

自動払い
(手続き不要)
詳しい制度
移送したとき

医師が入院や転院のために移送が必要と認めたとき、試算した基準額内で移送にかかった費用の給付が受けられます。

申請が必要
(手続き方法)
詳しい制度

上に戻る

病気やケガで働けないとき
本人(被保険者)が病気やケガで働くことができず休業し給料が支払われないときに、一定額の給付が受けられます。また、アイシン健保独自の付加給付もあります。 申請が必要
(手続き方法)
詳しい制度

上に戻る

出産するとき
本人(被保険者)が出産のために休業し、給料が支払われないときに、一定額の給付が受けられます。 申請が必要
(手続き方法)
詳しい制度
子どもが生まれたとき
生まれたお子さん一子につき、給付が受けられます。 申請が必要
(手続き方法)
詳しい制度

上に戻る

死亡したとき
本人(被保険者)または家族(被扶養者)が亡くなったときは、埋葬を行った家族(または埋葬を行った人)に、給付金が支払われます。 申請が必要
(手続き方法)
詳しい制度

上に戻る