アイシングループ

給付を受けるとき

柔道整復師のかかりかた

在宅で看護を受けたときはかかった費用の一部を自己負担します

柔道整復師(じゅうどうせいふくし)や接骨院(せっこついん)、整骨院(せいこついん)に健康保険でかかれる施術を受けた場合、地方厚生局長と協定(受領委任)を結んでいるところでは、保険証を提出し、窓口で一部負担金を支払えばよいことになっています。

こんなときはこんな手続きを

健康保険でかかれるかどうかを確認し、柔道整復師(接骨院・整骨院)が用意する「療養費支給申請書」に、必ず自分で署名し、一部負担金を支払います(領収書は必ずもらってください)。

柔道整復師(じゅうどうせいふくし)や接骨院(せっこついん)、整骨院(せいこついん)に健康保険でかかれる施術を受けた場合、たてまえは本人(被保険者)が代金を支払い、あとで払い戻し(療養費)を受けることになっていますが、地方厚生局長と協定(受領委任)を結んでいるところでは、医師にかかるときと同様に保険証を提出し、窓口で一部負担金を支払えばよいことになっています。

ただし、健康保険でかかれる場合は限られており、また、医師にかかる場合と異なり、「療養費支給申請書(りょうようひしきゅうしんせいしょ)」に自分で署名することが必要です。必ず、傷病名、施術内容、回数などを確認して自分で署名してください。自分で署名できない場合は、押印または、ぼ印をするようにしてください。領収書は必ずもらってください。

健康保険でかかれる場合 健康保険で原則としてかかれない場合
※全額自己負担となります
  • 打撲・ねんざ・うちみ
  • 骨折・不全骨折・脱きゅう(応急手当を除き、医師の同意が必要)
  • 日常生活による単なる疲れや肩こり
  • 打撲・ねんざ・うちみの治療を医師から受けながら、同時に柔道整復師にかかっている場合
  • 年をとったことによる五十肩や腰痛
  • 肉体疲労改善のためのマッサージなどの施術
柔道整復師のかかりかたの流れ

柔道整復師のかかり方の流れ