アイシングループ

給付を受けるとき

病気やケガをしたとき

保険証を提示して必要な治療を受けることができます

労災保険から給付がある業務災害以外の病気やケガで医師(健康保険が使える医療機関)にかかる場合、窓口に保険証を提出すれば、かかった医療費の一部を負担するだけで、必要な治療を受けることができます。

こんなときはこんな手続きを

特別な手続きはありません。

業務外の病気やケガで、医師(健康保険が使える医療機関)にかかる場合、窓口に保険証を提出すれば、かかった医療費の一部を窓口に支払うだけで、診察・投薬・手術・入院などの必要な治療を受けることができます。このときの医療費などの支給を「療養の給付(りょうようのきゅうふ)」「家族療養費(かぞくりょうようひ)」といいます。あわせてアイシン健保独自の「一部負担還元金(いちぶふたんかんげんきん)」「家族療養費付加金(かぞくりょうようひふかきん)」も支給されます。

病気やケガをしたとき

病気やケガをしたとき

節目節目で変わる医療保険

また、次の場合にはアイシン健保独自の給付が受けられます。

自己負担額が高額になったとき

特殊な病気や長期間の入院などで自己負担が高額になった場合は、自己負担を軽くするための制度があります。
詳しくはこちら

自己負担額が20,000円を超えたとき

本人(被保険者)、家族(被扶養者)の自己負担額が20,000円を超えた場合、20,000円を超えた額(1,000円未満切り捨て)を、後日支給します(「一部負担還元金」「家族療養費付加金」といいます)。