アイシングループ

給付を受けるとき

病気やケガで働けないとき

休業1日につき、給料1日分の3分の2相当を支給します

本人(被保険者)が、労災保険から給付がある業務災害以外の病気やケガの治療のため仕事に就くことができず、給料などがもらえないときは、本人(被保険者)とその家族の生活を守るために、「傷病手当金(しょうびょうてあてきん)」とアイシン健保独自の「傷病手当金付加金(しょうびょうてあてきんふかきん)」「延長傷病手当金付加金(えんちょうしょうびょうてあてきんふかきん)」が支給されます。

こんなときはこんな手続きを
病気やケガで働けないとき
「傷病手当金・傷病手当金付加金請求書」に記入します。
【必要書類】

事業主の休業、報酬支払いの有無に関する証明と、医師の労務不能という意見を受けて提出します。

支給条件をすべて満たしている場合、会社を休んで4日目から1年6ヵ月支給されます。

傷病手当金を受ける条件

【以下のすべてにあてはまる必要があります】
  1. 病気・けがのための療養中のとき
  2. 療養のために仕事につけなかったとき
  3. 連続3日以上休んだとき
    4日目から受けられます
  4. 給料等がもらえないとき
【こんなときは対象となりません】
  • 業務上あるいは通勤途上の事故や災害により病気やけがをしたとき

    この場合は労災保険の扱いとなります。ただし、労災保険の給付対象とならない場合は健康保険の扱いとなります。
  • けがは治ったものの障害が残り、労務不能となったとき

    労務不能ではあっても療養のためではないので、健康保険の傷病手当金は受けられません。
  • 有給休暇・あんしん休暇を使用した場合
障害厚生年金や老齢厚生年金を受けるとき

傷病手当金を受けられる期間が残っていても、障害厚生年金や老齢厚生年金を受けられるようになったときには、傷病手当金は打ち切られます。ただし、年金等の額が傷病手当金の額を下回るときは、その差額が受けられます。

資格喪失後の継続給付

1年以上健保に加入し、傷病手当金を受けている本人が退職し、その病気やけがのために引き続き働けない場合、傷病手当金の支給開始から1年6ヵ月間は引き続き支給されます。

支給額
会社を休業して4日目から
受給開始日から1年6ヵ月

傷病手当金
休業1日につき、給料1日分の3分の2相当額

(アイシン健保独自の支給)
傷病手当金付加金
休業1日につき給料1日分の約3%

受給期間終了後引き続き1年間
(受給開始日から2年6ヵ月)
(アイシン健保独自の支給)
延長傷病手当金付加金
休業1日につき給料1日分の60%
それ以降6ヵ月間
(受給開始日から3年)
(アイシン健保独自の支給)
延長傷病手当金付加金
休業1日につき給料1日分の40%

※給料1日分の計算は、直近12ヵ月の標準報酬月額平均額の30分の1となります。 標準報酬月額はこちら保険料