アイシングループ

給付を受けるとき

出産のため会社を休んだとき

出産のため会社を休んだときは、1日につき給料1日分の3分の2を支給します

本人(女性被保険者)が出産のため仕事を休み、給料などがもらえないときには、生活の安定を図るために、「出産手当金(しゅっさんてあてきん)」が支給されます。

こんなときはこんな手続きを
出産のため会社を休んだとき
「出産手当金請求書」に必要事項を記入します。
【必要書類】

事業主の休業、報酬支払いの有無に関する証明と、医師または助産師の証明を受けて提出します。

支給額
出産予定日より42日間(双児以上は98日間)前から、出産後56日間まで

出産予定日より42日間(双児以上は98日間)前から、出産後56日間まで

出産日が予定日より遅れた場合

出産予定日より42日間(双児以上は98日間)前から、予定日より遅れた期間と出産後56日間まで

出産日が予定日より遅れた場合

支給額
出産手当金 休業1日につき、給料1日分の3分の2相当額

※給料1日分の計算は、直近12ヵ月の標準報酬月額平均額の30分の1となります。 標準報酬月額はこちら保険料

産前産後休業・育児休業期間中の保険料免除

産前産後休業・育児休業中の負担を軽くするため、保険料負担は本人(被保険者)・事業主(会社)とも事業主の申し出により免除されます。なお、出産手当金を受給した女性被保険者は、出産日後57日目からの育児休業の申請になります。

  • ※育児休業の期間は、申請により最長で子供が3歳になるまで延長できます。