アイシングループ

給付を受けるとき

在宅で看護を受けたとき

在宅で看護を受けたときは、かかった費用の一部を自己負担します

医師が厚生労働省の基準により認めた在宅で継続して療養を受ける人が、訪問看護ステーション(指定訪問看護事業者)のサービスを受けたときは、給付金が支給されます。介護保険で受けられる場合は、原則として介護保険が優先されます。

こんなときはこんな手続きを

特別な手続きはありません。

難病患者、末期がんの患者など、医師が厚生労働省の基準により認めた在宅で継続して療養を受ける人が、訪問看護ステーション(指定訪問看護事業者)の訪問看護・介護サービスを受けたときは、「(家族)訪問看護療養費(ほうもんかんごりょうようひ)」とアイシン健保独自の「(家族)訪問看護療養費付加金(ほうもんかんごりょうようひふかきん)」が支給されます。

訪問看護療養費の流れ

在宅看護療養費の流れ

給付額
被保険者 利用料の7割
小学校入学前の子どもは8割
(お住まいの市区町村によっては助成が受けられ、負担のない場合もあります)
被扶養者

※70歳以上の方は支給額が異なります。 節目節目で変わる医療保険

また、次の場合にはアイシン健保独自の給付が受けられます。

自己負担額が20,000円を超えたとき

本人(被保険者)、家族(被扶養者)の自己負担額が20,000円を超えた場合、20,000円を超えた額(1,000円未満切り捨て)を後日支給します。(「訪問看護療養費付加金」「家族訪問看護療養費付加金」といいます)