アイシングループ

よくあるご質問

Q&A 在宅で看護を受けたとき

訪問看護が受けられるのは、具体的にはどんな人ですか?

難病患者や末期がんの患者のほか、医師が認めた人が受けられます。

具体的には、難病患者の方や重度障害者(筋ジス、脳性麻痺など)の方、あるいは働き盛りで脳卒中などに倒れ、寝たきりの状態にある方、がんにかかった方で自宅で最期を迎えたいと希望する方などが対象となります。